10月05日発表資料

ワイズギアの公式発表資料です。

掲載のデータは発表時点のものです。価格・仕様等について変更する場合もございます。

2015年10月5日

上質な乗り心地を実現し、走行状況、好みに合わせて簡単に調整可能
新開発「ワイズギア KYB スペシャルサスペンション for MT-09」発売

 株式会社ワイズギアは、油圧緩衝器専門メーカーKYB株式会社と二輪車用サスペンションを開発、第1弾としてヤマハ「MT-09」用の「ワイズギア KYB スペシャルサスペンション for MT-09」を2015年11月25日より発売します。販売窓口は全国主要ヤマハ二輪車販売店、二輪車用品専門店などです。

 「ワイズギア KYB スペシャルサスペンション for MT-09」は、ツーリング使用を軸に前後サスペンションの特性を作り込みました。作動時のストロークスピードを調整し、上質な乗り心地を実現しています。この仕様の開発は、当社と国内最高峰の二輪ロードレースでサスペンションセッティングに携わるKYBスタッフが行いました。

 フロントサスペンションは、新たに圧側減衰調整を追加。リアサスペンションのプリロードは、無段階調整とするなど、他の仕様と合わせて長距離ツーリングから市街地、タンデム、ワインディング走行まで、走行条件に合わせて幅広く手軽に設定を変更できます。なお、荷物積載時やタンデム走行時、また前後サスペンションを単品で購入時に最適な調整が可能な「推奨セッティングマニュアル」を同梱しています。

 カラーリング及びトップキャップなどのデザインは、ヤマハスポーツモデルのデザインを手掛ける株式会社GKダイナミックスが担当。スタンダードには無いカラーリングの採用や細部に亘り外観商品性もこだわった仕様としています。

 なお2015年10月11日(日)、ツインリンクもてぎ(栃木県)にて決勝を迎える2015 FIM MotoGP世界選手権シリーズ 第15戦 MOTUL日本グランプリのワイズギアブースにて本サスペンションを装着した「MT-09」を展示します。

フロントサスペンションリアサスペンション装着例

「ワイズギア KYB スペシャルサスペンション for MT-09」

製品名 発売日 メーカー希望小売価格 販売計画
ワイズギア
KYB スペシャルサスペンション
for MT-09
2015年11月25日 フロント 199,800円[消費税8%含む]
(本体価格185,000円)
100セット
(年間/国内)
リア 86,184円[消費税8%含む]
(本体価格79,800円)
220セット
(年間/国内)

※「MT-09」車両本体および装着にあたっての工賃などは別途かかります。

なお、お客さまからの商品に関するお問い合わせは、
「株式会社ワイズギア(TEL.0570-050814)」へお寄せ下さい。
※月曜~金曜(祝日、弊社所定の休日を除く) 9:30~12:00 13:00~17:00

<開発背景>

 “シンクロナイズドパフォーマンスバイク”をコンセプトに操る楽しさを追求したヤマハスポーツバイク「MT-09」は、2014年4月の国内発売以来、累計販売台数約5,000台(2015年9月末現在・国内)と独創的スタイルと優れた走行性が、幅広い層から支持されています。使用状況を見てみると、リアにトップケースやサイドケースを装着し、ツーリングを楽しむお客さまも多く見受けられます。そこで、日頃から顧客視点に立ち、お客さま一人ひとりのニーズや志向に応えるべく、“遊び心”を随所に盛り込みながら、安全・安心に“楽しさ”を加味したオリジナル製品の企画開発や商品ラインナップの拡充に注力しているワイズギアは、車両本体の価値向上、販売促進を目標に、乗り心地や操縦安定性にもっとも効果を発揮するサスペンションの開発に着手。ヤマハ純正部品等を手がけヤマハ車両に精通している当社と油圧緩衝器専門メーカーKYBとが互いの企画・技術力、そして経験値を結集することで、価格を抑えながらもヤマハ車両に最適で高品質なサスペンション開発が可能になりました。
 今回の「ワイズギア KYB スペシャルサスペンション for MT-09」を手始めに、今後も他モデルへのバリエーション展開を予定しています。

<主な特徴>

■上質な乗り心地を実現
KYB製の新DLCコーティングは従来比約30%摩擦係数を低減。また表面の光沢が外観品質を高めているKYB製の新DLCコーティングは従来比約30%摩擦係数を低減。また表面の光沢が外観品質を高めている

 フロントサスペンションは、スプリングをシングルからダブルレートに変更し、合わせて圧、伸減衰力の調整機構を追加。また滑らかな作動性、作動感を実現するKYB製DLC(ダイヤモンド ライク カーボン)コーティングをインナーチューブに採用し、さらに国内最高峰の二輪ロードレースでサスペンションセッティングに携わるKYBスタッフとともに、「MT-09」の車両特性を考慮の上、前後のバランスを重視したセッティングを行い、“上質な乗り心地”を実現しました。

■調整可能範囲が広く設定調整が簡単
ダイヤル式のプリロード調整とアクセスしやすい場所に配置された伸び側減衰力アジャスターダイヤル式のプリロード調整とアクセスしやすい場所に配置された伸び側減衰力アジャスター

 フロントサスペンションは、スプリングプリロード調整及び伸び側減衰力に加え、新たに圧側減衰力の調整機構を装備しています。右側が伸び、左側は圧側の減衰力を発生させる左右独立分担方式です。

 リアサスペンションには、工具無しにワンタッチで調整可能な別体ダイヤル式スプリングプリロード調整機構を採用。また伸び側減衰力アジャスターの位置をフレーム側からリアアーム側へ変更するとともに操作した時のクリック感(操作感)を追加し調整しやすくしました。

■外観商品性の作りこみ
フロントサスペンションのトップキャップフロントサスペンションのトップキャップ 「ワイズギア KYB スペシャルサスペンション」シリーズのステッカー「ワイズギア KYB スペシャルサスペンション」シリーズのステッカー

 GKダイナミックスのデザイナーが、カラーリング及び細部のデザインを手がけました。フロントサスペンションのトップキャップボルトとリアサスペンションのスプリング色には、さまざまな車体色にマッチしながらも、従来のサスペンションにはない斬新なオレンジを採用。またトップキャップには、「MT-09」と「KYB」のダブルロゴを配するほか、フロントアウターチューブのアルマイト色を変更するなど、細部にわたって外観品質の向上を図りました。

 なお本商品には「ワイズギア KYB スペシャルサスペンション」ステッカーが同梱されます。

写真素材の手配など本件に関する媒体様からのお問い合わせ先
株式会社ワイズギア 営業部 営業企画課
静岡県浜松市南区新橋町1103 TEL.053-443-2189