03月10日発表資料(1)

ワイズギアの公式発表資料です。

2017年03月10日

ヤマハヘルメット初「アンチフォグシールド」採用など快適装備充実
オープンフェイスヘルメット「YJ-20 ZENITH」新発売

株式会社ワイズギアは、オープンフェイスヘルメット「YJ-20 ZENITH(ゼニス)」全7色を2017年4月3日より、全国の主要ヤマハ二輪販売店、オートバイ用品専門店、ワイズギアホームページ内オンラインショップ等にて、順次発売します。

「YJ-20 ZENITH」は、幅広い層から支持されているロングセラーモデル「YJ-5シリーズ」の後継として、フルモデルチェンジしました。

ヤマハヘルメット初の「アンチフォグシールド」を採用。シールド内側に特殊なコーティングを施すことで、雨天時や冬場における曇りを抑え、クリアな視界を確保します。また走行中のシールドのがたつきを抑止するシールドホルダーを装備するほか、ベンチレーションシステムの見直しによりヘルメット内部の通気性を大幅に向上、エアロダイナミクスデザインにより走行中の空気抵抗を削減しています。さらにフィット感をより高めるため、微調整が可能なSUPER COOL(スーパークール)素材のインナーをオプション設定しました。

なお「YJ-5シリーズ」から好評であった、着脱を容易にする「ワンタッチバックル式チンストラップ」、幅広いサイズ展開(3帽体6サイズ)など、従来の特徴は継続しています。

オープンフェイスヘルメット「YJ-20 ZENITH」
名称
YJ-20 ZENITH
発売日
2017年4月3日
メーカー希望小売価格
21,600円[消費税8%含む](本体価格20,000円)
販売計画
25,000個(年間/国内)

なお、お客さまからの商品に関するお問い合わせは
「株式会社ワイズギア アクセサリーサポート部(ナビダイヤル 0570-050814)」へお寄せ下さい

月曜~金曜(弊社所定の休日を除く) 9:30~12:00 13:00~17:00

YJ-20の主な特徴

ヤマハヘルメット初「アンチフォグシールド」採用

シールド内側広範囲に、防曇効果の高い特殊なコーティングを施し、雨天時や冬場のヘルメット内外の温度差がある場合の曇りを抑え、クリアな視界を確保。

また、走行中におけるシールドのがたつきを抑止する「シールドホルダー」を装備しました。

豊富なサイズとカラーラインナップ

車両本体とのマッチングも視野に、カラーは全7色(パールホワイト、メタルブラック、ラバートーンブラック、プラチナシルバー、アンスラサイト、メタリックレッド、フローレセントグリーン)設定。サイズは6サイズ(XS、S、M、L、XL、XXL)と幅広く展開しています。

サイズによってカラー設定が異なります。

ベンチレーションシステムとエアロダイナミクスデザイン

フロント上部のインテークホールの大型化と空力解析を徹底したエアロダイナミクスデザインとの相乗効果により、従来モデル(YJ-5)と比較し、空気取り込み量が6%、排出量が51%向上。さらに上方へ浮き上がる揚力係数(CL値)は14%、風に押し付けられる空気抗力係数(CD値)は3%低減。これらにより走行時の快適さを大幅に向上しました。

数値はいずれも風洞試験(風速30m/s)の参考値比較

メガネスリット採用

帽体とインナーとの間にメガネスリットを設け、メガネやサングラスのスムーズな装着やフレーム圧迫感を解消しました。スリット幅を広めに設定したことにより、さまざまな種類のメガネに対応します。

SUPER COOL素材の微調整インナー(オプション)

インナーに速乾性・抗菌性に優れたSUPER COOL(スーパークール)素材を採用するとともに、頭の形や好みに合わせて選択することができる、コンフォートライナー&チークパッドのインナーをオプション設定しました。

写真素材の手配など本件に関する媒体様からのお問い合わせ先

株式会社ワイズギア MCアクセサリー部 広報宣伝課
静岡県浜松市南区新橋町1103
TEL.053-443-2189