07月04日発表資料

ワイズギアの公式発表資料です。

掲載のデータは発表時点のものです。価格・仕様等について変更する場合もございます。

2006年7月4日
国内初!* 海の上が音楽ホールになる、水洗い可能な
ワイズギア 水上バイク用オーディオ「海楽(かいらく)オン」新発売


  株式会社ワイズギア(代表者:飯窪 泰、所在地:浜松市新橋町)は、水洗いできる水上バイク用オーディオ「海楽(かいらく)オン」を開発し、2006年7月3日より全国の主要ヤマハ系マリン販売店、二輪販売店、二輪用品専門店等にて発売します。

 マリンスポーツにおいて、クルーザー等の船本体に設置して音楽を楽しむオーディオ製品は過去にもありましたが、水上バイクに取り付けるタイプは国内初となります。マリンスポーツが本格化する季節を前に、水上バイクでの新しい遊びを提案する製品として、今回の発売に至りました。
※2006年5月1日現在。ワイズギア調べ

音楽が生活の一部になりつつある現在において、四輪車、二輪車ではオーディオ搭載が可能です。しかしながら、耐水性や取り付け方法等が使用状況により制限されるマリン用オーディオの中で、特に水上バイク用の製品化は難しいとされてきました。
そこで、オートバイ用オーディオ「道楽(どうらく)オン」で培った技術をベースに、水上バイクにも装着できるよう、アンプやスピーカー部を格納する本体の耐水性を高め、電気部品部分の密閉性を向上させたのが「海楽オン」です。手元での操作を可能にするコントロールスイッチ部分についても本体同様に耐水性を向上していますので、使用後、水洗いが可能(ウォッシャブル)です。
また、艇体への取り付け方法も考慮し、簡単に着脱ができるよう汎用性のあるベルクロを採用。音楽再生方法については道楽オン同様、お手持ちの音楽再生機器を本製品の収納ポケットに入れて接続し、音楽を聞くシステムとしています(音楽再生機器は製品によって防水性が異なるので、防水ケース等に収納してご使用ください)。本体への電源供給は、専用の防水電源着脱カプラーにて水上バイクと接続して行います。

なお、オーディオの仕様については、最大出力16W×2のアンプと、指向性の高い最大入力25Wのフルレンジスピーカーを採用しています。
※「海楽(かいらく)オン」:水上バイクで海を楽しむとともに、音楽も楽しめるようにとの意味からネーミング
※艇体の構造上、スタンディングタイプの水上バイクには取り付けできません。

 


ワイズギア水上バイク用オーディオ「海楽オン」ワイズギア水上バイク用オーディオ「海楽オン」
<名称>
<発売日>
<メーカー希望小売価格>

<販売目標台数>
ワイズギア水上バイク用オーディオ「海楽オン」
2006年7月3日
45,150円(本体価格43,000円+消費税2,150円)
「海楽オン」と艇体とを接続する作業費は別途
600台(初年度、国内)

《水上バイク用オーディオ「海楽オン」の主な特徴》

■水洗いを可能にした本体構造

水洗いができるよう、水抜き性と電気基盤部分の密閉性の向上を図りました。

水上バイク用オーディオ「海楽オン」 本体構造

■システム概略図

水上バイク用オーディオ「海楽オン」 システム概略図
・お手持ちのMD、MP3プレーヤーなど、音楽再生機器を接続して
ご使用ください。
・電源は艇体本体から供給を受けます。
別売りアダプターにより家庭電源でも使用可能。

水上バイク用オーディオ「海楽オン」 装着例■機種を問わない汎用性に優れた取付方式

4箇所のベルクロ式着脱ベルトの採用により、艇体の任意箇所に取り付けが可能。着脱も自由に行えます。
取付可能機種※を拡大しようと、本体自体は縦220mm×横300mm×厚み85mmのコンパクト設計としました。

なお、「海楽オン」と艇体本体とを接続する作業は販売店で行ってください。
※艇体の構造上スタンディングタイプの水上バイクには取り付けできません

■最大出力16W×2のアンプ搭載と最大入力25Wのフルレンジスピーカー採用

最大出力16W×2のアンプを搭載することにより、力強い出力を可能にし、最大入力25Wのフルレンジスピーカーで歪みの少ない音を再生します。




本リリースに関するお問い合わせ先
〒432-8058 静岡県浜松市南区新橋町1103
株式会社ワイズギア
マリン営業課 TEL.053-443-2185