06月18日発表資料

ワイズギアの公式発表資料です。

掲載のデータは発表時点のものです。価格・仕様等について変更する場合もございます。

2007年06月18日
オートバイライフに新風を吹き込む球面を活かした独特なフォルム
機能・快適性とデザイン性を高次元で融合した
ヤマハヘルメット「YJ-9 Arden(アーデン)」新発売


  株式会社ワイズギア(代表者:潮見眞輝、所在地:浜松市南区新橋 町)は、球面を活かした独特なフォルムを採用し、機能性と快適性、そしてデザイン性を兼ね備えたヘルメットのニューモデル「 YJ-9 Arden(アーデン)」を2007年6月25日より全国の主要ヤマハ二輪販売店、用品専門店、ワイズギアホームページ内オンラインショップ等にて新発売します。

 ここ数年ヨーロッパを中心に従来のスポーツタイプとは一線を画したデザインのヘルメットが人気を得ています。そこで、さり気ない日常のワンシーンや町並みに溶け込むスタイリッシュで個性的なデザインや質感を追求したモデルとして「 YJ-9 Arden」を企画開発。一目で違いが分かるフォルムと上質感を醸し出すマット系カラーリング全6色を採用しました。
もちろん、ヘルメットの基本性能である安心・快適機能を重視。軽量で強度、耐候・耐熱・断熱性に優れる FRP素材を積層構造として帽体に採用し、JIS2000規格をクリアする性能も備えています。また、日本人の頭の形にフィットする脱着可能な内装には、吸水・撥水性に優れつつ、肌触りが心地好い素材を使用し、装着時の快適さにもこだわりました。

  当社では、安心性能の向上はもちろん、機能性と装着性といった基本性能に加え、快適性、デザイン性に優れたヘルメットの提供を通じ、オートバイライフの利便性、快適性向上を追求してきました。そして、高速道路二人乗り規制解禁、二輪車オートマチック免許や二輪車 ETCの導入、団塊世代のリターンライダー増加の見込みなど、二輪車を取り巻く昨今の環境変化の中で、オートバイライフをより身近で豊かにしていくアイテムのひとつとして、ヘルメットに着目。ジュニア・レディス用のバリエーション充実や、時流に応えるデザイン・カラーを採用するなど、ヘルメットビジネスを強化しています。このたびの「YJ-9 Arden」の発売もその一環であり、本年度ワイズギアヘルメット総数では、20万個の販売を目指しています。


ワイズギア「YJ-9 Arden(アーデン)」
ワイズギア「YJ-9 Arden(アーデン)」

名称
ワイズギア「YJ-9 Arden」
発売日
2007年6月25日
メーカー希望小売価格
27,300円(本体価格26,000円+消費税1,300円)
カラーリング
アースブラウン、ローズレッド、マリンブルー、
スノーホワイト、アーバングレイ、ナイトブラック
販売計画
4,000個(年間、国内)



《ヤマハヘルメットの主な特長》

衝撃吸収性能テストでの比較
■「安心感」
  • 高い保護機能が要求されるJIS2000規格(SG規格の約1.5倍の衝撃吸収力を要求)をクリア
  • 夜間での視認性を向上させるためにリフレクターや反射ステッカーを装備

■「快適性」

  • 日本人の頭の形やサイズに合わせた帽体設計採用によるフィット感の向上
  • ジュニア・レディス用ヘルメットのラインナップ拡充

■「清潔性」
  • 簡単にはずせて洗える内装脱着仕様







JIS2000規格について
ヘルメットにおけるJIS2000規格は、工業標準化法に基づき日本工業標準調査会の審議を経て経済産業大臣が改正した日本工業規格です。 オートバイ用ヘルメット(無制限)では、1.7mの高さから落としても衝撃が300G以下に抑えられるSG規格が強制規格として設定されています(125cc用の場合は落下高さ1.6mで400G以下)。 ワイズギアのヘルメットは、そのSG規格よりもさらに高い対衝撃性が求められるJIS2000規格に設定しています。




本リリースに関するお問い合わせ先
株式会社ワイズギア 営業部
静岡県浜松市南区新橋町1103
TEL.053-443-2180