トップメッセージ

好きなことを仕事にして、成長する。ワイズギアなら、できます。

グループ唯一のアクセサリー専業会社

ワイズギアは、ヤマハ発動機の100%出資子会社として1997年に設立されました。国内外に百数十社を展開するヤマハ発動機グループの中で、唯一のアクセサリー専業会社として、バイク、マリン、電動アシスト自転車(PAS)など、さまざまな製品の純正アクセサリーをはじめ、ライフスタイルに合わせたアクセサリーの企画・調達・販売を行っています。

設立:1997年1月20日 従業員数:87名(2017年12月末) 年商:92億円(2017年12月期)

製品の価値を高め、需要を創造

私たちが常にめざしているのは、単にアクセサリーを提供するのではなく、提供を通じてヤマハ発動機製品の価値や魅力を高め、新たな需要を創造すること。それは会社の「長期ビジョン」としても明文化されています。

長期ビジョン

上質感あふれるヤマハプレミアムブランドのアクセサリーを提供することで商品価値を高め、需要創造を行う会社をめざします。

ヤマハ発動機グループ唯一のアクセサリー専業会社として企画から販売まで行い、世界のアクセサリー事業のリーダーとしての役割を果たせる会社をめざします。

「品質絶対」のポリシーのもと、品質と商品力のバランスとスピード感、機動性、柔軟性を併せ持った会社をめざします。

ワイズギアならではの強み

ヤマハ発動機グループの一員であることは、アクセサリー専業会社として他社にはない大きな強みです。商品の企画・開発にあたっては、ヤマハ発動機のエンジニアやデザイナーとバイク本体の開発段階から連携し、「どんなアクセサリーがあればバイクファンの需要をより創造できるか。そして期待を超える価値を提供できるか」を追求しています。
また、ご購入いただいたお客さまへのフォローも大切にしています。商品づくりからアフターサービスまで一貫して取り組み、バイクファンのライフスタイルや世界観をより豊かにするお手伝いをしていく。それが私たちの使命だと考えています。

経営理念

顧客の期待を超える価値の創造 仕事をする自分に誇りがもてる企業風土の実現 社会的責任のグローバルな遂行

すべてはお客さまの笑顔のために

ワイズギアには「すべてはお客さまの笑顔のために」という合言葉があります。「さすがワイズギアだね」「やっぱりワイズギアの商品を選んでよかった」と、常にバイクファンから期待される企業でありたいと考えていますし、また、その期待を超える価値の創造を常にめざしています。
そのためにはまず、バイクファンの声を聞くことが大切。私たちが取引しているお客さまは販売店の皆さまですが、電話や店頭イベントを通じて直接、エンドユーザーであるお客さまの声を伺う機会もあります。私自身もバイク関連のイベントには足を運ぶようにしています。バイクファンの笑顔を見るとうれしくなりますし、「こんな楽しみ方もあるんだ」という新たな発見があります。

挑戦する風土は、グループ共通

ヤマハ発動機グループには「感動創造企業」という企業目的、そして「Revs your Heart(レヴズ ユア ハート)」というブランドスローガンがあります。情熱を持って感動創造に挑戦する風土は、ヤマハ発動機グループに共通するものであり、ワイズギアにおいても、とても大切にしています。
また、自主性を尊重する風土もあります。自ら考えて行動できる人にとっては、どんどん経験を積んで成長できる環境です。

企業目的:感動創造企業、ブランドスローガン:Revs your Heart

感動を創造するだけでなく、味わうこともできます

ワイズギアでは、バイク好きであることが、すべての原動力になります。好きだからこそ、生まれる発想があります。そして自分の企画に熱い思いを込めることができます。何よりも、自分がバイク好きであるからこそ、企画した商品やサービスなどによって多くのバイクファンに「期待を超える価値」を届けられたとき、自分自身も大きな感動を味わうことができます。
バイク好きを生かし、自由闊達な風土の中で力を発揮して、会社とともに自らを成長させたい。そんな熱い思いを持つあなたを、お待ちしています。