トップメッセージ

「好き」こそ、「期待を超える価値」創造の原動力

グループ唯一のアクセサリー専業会社

ワイズギアは、ヤマハ発動機の100%出資子会社として1997年に設立されました。国内外に百数十社を展開するヤマハ発動機グループの中で、唯一のアクセサリー専業会社として、バイク、マリン、電動アシスト自転車(PAS)など、さまざまな製品の純正アクセサリーのほか、ライフスタイルに合わせた用品の企画・調達・販売を行っています。

設立:1997年1月20日 従業員数:100名(2017年4月末) 年商:92億円(2016年12月期)

製品の価値を高め、需要を創造

私たちが常にめざしているのは、単にアクセサリーを提供するのではなく、提供を通じてヤマハ発動機製品の価値や魅力を高め、新たな需要を創造すること。それは会社の「長期ビジョン」としても明文化されています。

長期ビジョン

上質感あふれるヤマハプレミアムブランドのアクセサリーを提供することで商品価値を高め、需要創造を行う会社をめざします。

ヤマハ発動機グループ唯一のアクセサリー専業会社として企画から販売まで行い、世界のアクセサリー事業のリーダーとしての役割を果たせる会社をめざします。

「品質絶対」のポリシーのもと、品質と商品力のバランスとスピード感、機動性、柔軟性を併せ持った会社をめざします。

ワイズギアならではの強み

では、どのようにしてビジョンを具現化していくか。ワイズギアには、他社にない強みがあります。それは、ヤマハ発動機のエンジニアやデザイナーと、バイク本体の開発中に情報を共有できること。バイク本体の開発過程では、デザイン面や機能面において「理想としては導入をめざしたものの、コスト面でお客さまのニーズに合わなくなるため、断念した」といった要素がどうしても出てきます。その理想の姿を私たちのアクセサリーによって実現することこそ、他社には真似できない「ワイズギアらしさ」であり、バイクファンの需要創造に向けて、最も大切なポイントだと考えています。

めざしているのは「Only Y's Gear」

バイクファンの期待を超える価値を創造し、「こんな機能まであるんだ」「こんなに楽しくなるんだ」と感動していただける「Only Y's Gear」を生み出すことを、社員一人ひとりがめざしています。商品企画力はもちろん、優れた調達機能も含めた総合力を発揮することで「Only Y's Gear」は生まれると考えています。

経営理念

顧客の期待を超える価値の創造 仕事をする自分に誇りがもてる企業風土の実現 社会的責任のグローバルな遂行

「もの」だけでなく、「こと」の提供へ

今後は「もの」だけでなく、「こと」の提供にも力を注いでいきます。たとえば、販売店さまに商品の特長や魅力を売り場でわかりやすく説明していただけるよう、訴求ポイントをまとめた文章も提供する。あるいは、お客さまにより楽しく商品をご覧いただけるよう、ディスプレイ装飾についても提供する。こうした「こと」の実績と知見を国内で積み重ね、近い将来、グローバルに展開していく方針です。その先に「アクセサリー事業の世界的なリーダーとしての役割を果たせる会社をめざす」という長期ビジョンの具現化があると考えています。


新卒採用サイトの記事の編集について社長と打ち合わせをする採用担当の山本

挑戦する風土は、グループ共通

ヤマハ発動機グループには「感動創造企業」という企業目的、そして「Revs your Heart(レヴズ ユア ハート)」というブランドスローガンがあります。自由闊達な雰囲気の中、情熱を持って感動創造に挑戦する風土は、ヤマハ発動機グループに共通するものであり、ワイズギアにおいても、とても大切にしています。私自身も若手だった頃、ヤマハ発動機において新興国でのメンテナンス活動やパリ・ダカールラリーを担当するなど、さまざまな挑戦の機会を自ら積極的につかみ、心躍る経験を重ねることができました。やる気さえあれば、こんなに面白い企業グループはないと思います。ぜひこの挑戦のDNAを、ワイズギアの次代を担う若い人たちにも伝えていきたいと考えています。

感動創造企業

好きだからこそ、熱い思いを込められる

ワイズギアの仕事では、コミュニケーション能力がとても重要です。たとえばヤマハ発動機のエンジニアやデザイナーが思い描いた理想をつかみ、企画に反映させていく。その企画を、社内外のさまざまな人を巻き込んで具現化していく。いずれの過程も、コミュニケーション能力が欠かせません。
では、私たちの仕事におけるコミュニケーション能力はどこから生まれるのか。源泉となるのは「バイク好きであること」です。好きだからこそ、自分の企画に熱い思いを込めることができる。熱い思いを込められるから、言葉に強さが出る。言葉に強さが出るから、多くの人に企画の魅力が伝わり、実現に向けて前進できる――ここではバイク好きであることが、すべての原動力になります。何よりも、自分がバイク好きであるからこそ、企画した商品によって多くのバイクファンに「期待を超える価値」を届けられたとき、自分自身も大きな感動を味わうことができます。
2017年に創立20周年を迎えたワイズギア。次の20年、次の感動の創造に向けて、熱い気概を持って、ともに挑戦してくれるあなたをお待ちしています。