全社員アンケート

ワイズギア全社員へのアンケートを実施!
コメントをピックアップしてご紹介します。
ぜひ社内の雰囲気や、一人ひとりの胸の内を知る参考にしてください。

入社動機は?

バイクの楽しさを伝える仕事をしたいと思ったから。 (MC商品戦略・女性・24歳)

ヤマハ発動機グループの会社として多くの製品にふれ、広い知識を習得できると思ったから。(MC商品戦略・男性・30歳)

これから販路を広げて事業を拡大していこうという勢いを感じたから。(事業企画・男性・29歳)

バイクが大好きだったから。(マリン商品戦略・男性・61歳)

バイク・船など、関わったことのない分野に挑戦してみるのも面白そうだと感じた。(SCM・女性・28歳)

ヤマハ発動機と福利厚生が同じで、安定している企業と感じた。(SCM・女性・28歳)

業界を先導する企業として、新しいことに挑戦し続ける社風にやりがいを感じた。(西日本営業・男性・32歳)

ヤマハ発動機の子会社でもあり、見学した際に社内の雰囲気が良かったから。(管理課・女性・18歳)

自分のつくった商品でライダーを楽しませたい、感動させたいと思ったから。(西日本営業・男性・22歳)

日本のモノ創りを世界に発信したいと考えており、ワイズギアでならあらゆる商材で世界のあらゆる国と地域をカバーしており、自分の夢を実現できると思ったから。(営業企画・女性・24歳)

海・陸で使う乗り物のアクセサリー用品を開発している点で世の中の人々に楽しさや感動を提供できることに魅力を感じた。。(品質保証・女性・22歳)

説明会や座談会を通して仕事を楽しんでいる方々を拝見し、この会社で働きたいと思った。(品質保証・女性・22歳)

やはり「バイク好き」「ヤマハ好き」が多いですね。
この2つで64%を占めています。
「社風」「雰囲気」が入社動機になった人も多いので、ぜひあなたも説明会などを通じて、ワイズギアの雰囲気を感じていただけたらと思います。

ワイズギアの魅力は?

バイク好きにうれしい福利厚生が充実している。(広報宣伝・男性・25歳)

ヤマハ発動機グループとして、本体と連動したアクセサリー販売ができる。(MC商品戦略・女性・24歳)

バイクだけでなく、PASや船など商材のラインナップの豊富さ。(MC商品戦略・女性・24歳)

やりたいことをやらせてもらえる、意見を言いやすい雰囲気がある。(西日本営業・男性・57歳)

全員の顔が見えて意思疎通がしやすい。(MC商品戦略・男性・50歳)

ヤマハ発動機との距離が近く、実験施設が使えたり技術講座を受けられる(品質保証・男性・30歳)

職歴や年齢にかかわらず、良いものであれば誰の意見も取り入れてくれるので風通しの良い職場だと感じる。(西日本営業・男性・32歳)

バイクとふれ合う機会が多く、元々知識がなくてもどんどん好きになっていける環境がある。(MC商品戦略・男性・28歳)

ヤマハ発動機と同等の福利厚生が受けられ、社員100人とほどよい人数の会社なので、仕事の始めから終わりまでの行程に関わることができる。(管理課・女性・46歳)

自分が企画した商品を「YAMAHA」ブランドとして販売できる。(事業開発・男性・35歳)

カートレースやバイクレース、東京モーターショーなど多くのイベントに参加できる。(品質保証・女性・22歳)

大企業とは違い、規模が小さいため、携わっている業務内容の位置付けや影響が分かりやすく、仕事に対する意欲、やりがいを見出しやすい。(SCM・男性・58歳)

仕事内容はもちろん、福利厚生などの面でも、ヤマハ発動機グループであることのメリットを実感している人が多いようです。
また、新しいことに挑戦させてもらえる風土ややりがいの大きさ、職場の風通しの良さについてのコメントもたくさんありました。

長期連休はどう過ごした?

毎年家族とハワイ旅行。昨年で20回。海外旅行は年2回目標。願えば叶います。(東日本営業・男性・61歳)

会社の若手メンバーやOBと一緒にバイクで富士の芝桜見物ツーリングに。(マリン特機・男性・58歳)

海までドライブ、名古屋で買い物、カフェ巡り、映画鑑賞。(品質保証・女性・22歳)

北海道周遊(キャンプ)、九州周遊(キャンプ)、信州(キャンプ)、とにかくキャンプ・キャンプ・キャンプ……。(営業技術・女性・38歳)

予想通り、ツーリングに出かける社員が多いですね。
また、お盆の長期休みは、自分の趣味よりも、家族サービスを優先させる人が多いようです。中には「孫のお守り」と答えたベテラン社員もいました。それぞれ家族構成やライフステージに合った幸せな過ごし方をしているようです。

オススメのツーリングコースは?

大井川沿いの山道。寸又峡をめざし、足湯に入ったり、道の駅で美味しいものを食べながらゆったり走る。(事業開発・女性・24歳)

日曜日の夕暮れに走る春野町の山あい。蜩(ひぐらし)の声に包まれると子どもの頃の夏休みを思い出す。(品質保証・男性・52歳)

山間部よりも海辺を走るのが好き。県内なら下田海岸線や御前崎灯台付近の海岸線はGood! ヴィーナスラインは、山間部の中では一番好き。(管理・男性・31歳)

浜名湖一周。お昼はうなぎなど美味しいものを食べ、食後はオレンジロードでワインディング走行。桜の季節は花見ができる。軽く走りたいときにオススメ。(管理・男性・50歳)

ここで紹介したコメントはほんの一例。
静岡近辺のコースを抜粋しましたが、そのほかにも全国各地のさまざまなコースが回答として寄せられました。 ぜひ入社したら、先輩と一緒にオススメコースのツーリングを楽しんでください。

愛車の自慢ポイントは?

通勤・街乗り(買い物)・ツーリングをマルチにこなせる点。125ccの軽快さ、車体価格・燃費・維持費がお財布に優しい点。(MC商品戦略・女性・24歳)

どんな場所、環境でものんびり走れるところ。なにより絵になるところ!(西日本営業・男性・22歳)

カフェレーサーカスタム(SR500)。(MC商品戦略・男性・34歳)

純正スタイルを邪魔しない、ちょびっとUSチックカスタム(MOON EYESパーツ)。(MC商品戦略・男性・28歳)

ワイズギア取扱商品での大人のカスタム(もちろん法令違反はいたしません)。(マリン商品戦略・男性・51歳)

いろいろとカスタムしています。(マリン商品戦略・男性・58歳)

ケンテック製のフレアカットマフラーです。自分でしたカスタムの中で一番のお気に入りです。(管理・男性・31歳)

デザインが凄く良いSRX600。この燃料タンクにばっちりの皮のタンクバックがワイズギアで企画販売されすごく便利です。(管理・男性・59歳)

見栄えを追求する人、乗り心地にこだわる人、いろいろですね。
みんな「自分のバイクが一番カッコいい」と思っていそう。

出身地は?

人数の多い順にランキング形式でご紹介します!

本社のある静岡県が33人でトップ。
2位以降を見ると、日本全国から人が集まっていますね。
中国出身の社員も1人います。

バイクの免許を持っている?

やはり「持っている」が圧倒的に多いですね。

自分のバイクで何をするのが好き?

「乗る」が一番多いのは予想通り。「眺める」が「カスタムする」「メンテする」と同じ割合を占めているのが、ワイズギアらしいといえそう。 バイク好きにとっては、愛車をうっとりと眺めることも楽しみの1つですよね。

バイク好きの学生へのメッセージ

浜松市は気候も良く、地理的にもバイク好きには恵まれています。また、ワイズギアはバイク好きにうれしい福利厚生も充実していますし、仕事でもご自身のバイクに対する思いをぶつけたり、知識を活かすことができます。仕事もプライベートも充実させたいバイク好きの学生さん、ぜひワイズギアで一緒にヤマハ、ひいては日本・世界の二輪業界を盛り上げていきましょう!!(広報宣伝・男性・25歳)

私も学生時代からバイクが好きでこの仕事を選びました。「好き」なものに携わること、それは仕事の上での大変なとき・苦しいときに、きっと自分を支えてくれます。(営業企画・男性・51歳)

当然バイクに関わっている企業なので、みんなバイクに詳しいのですが、私はまったくバイク知識ゼロで入社しました! わからないことや、知らないことは恥ずかしいことではありません。何でも聞いたり、学んだりして自分のものにしていけばいいと思います。一緒に挑戦して、成長していきましょう!(品質保証・男性・32歳)

常にバイクのことを考え、いちバイクファンとして商品づくりに関わることができる職場ですので、お客さまの喜び=自分の喜び=仕事のやりがいで、バイク好きにはたまらない環境だと思います。私もそうですが「バイクに詳しくないけど乗り物が好き!」という人でも、自然と仕事してるうちにバイクへの興味と知識を持てるようになれる環境があります! 仕事と趣味は離せないと考えている方は、ぜひワイズギアへ!!!(MC商品戦略・男性・28歳)

バイク好きの方にはバイクに囲まれて仕事ができるので天国だと思います。自分が携わった用品が世に出て、街でお客さまが使用しているのを見る瞬間は本当にうれしいものです。イベントも年中あるので楽しいと思います。一緒にがんばってくれる人をお待ちしてます。(SCM・女性・32歳)

ワイズギアにはバイク好きな社員がたくさんいます。そんな人たちとマニアックな話をしたりしながら楽しく仕事しませんか? お待ちしています!(管理・男性・50歳)

バイク好きであれば間違いなく楽しめる上に、知識も増えるので最高の職場だと私は思っています!(東日本営業・男性・23歳)

自分ってバイクに関しては、変人かもしれない……と思ったことがあるならワイズギアで一緒に変人に磨きをかけていきましょう!(マリン商品戦略・男性・58歳)

ヤマハのバイクが好きで、自分で自分のアクセサリーを考えてみる。それはヤマハ党のお客さまと共有できる喜びだったりする。自由闊達な環境で「どうしてもこれをやりたい」ってこだわれる。これらを実行に移せる会社。本当にアクセサリーに関係した仕事をしたいなら、バイクメーカーのヤマハ発動機の開発部門と一体で仕事をできるのは、日本ではワイズギアだけです。(管理・男性・59歳)

バイクは世界中の人々の夢を広げる素晴らしいプロダクトだと思います。自分の手でそのプロダクトの可能性をさらに広げる、夢のある仕事に携わってみませんか。(東日本営業・男性・24歳)

自分が好きなことを仕事にするのは、とても楽しいようで、実はとても大変だと思います。好きな分、妥協をすることもできず、日々もがく事になるかもしれません。それでも続けていけば、いつかきっと報われる!!ということも無いかもしれません。どんな結果になっても、それはあなたが選んだ道です。単にバイクが好きなら、趣味でやっていけばいいと思います。それを仕事にするということを深く考えて行動に移してください。と、えらそうなことを言いましたが、とても楽しい職場です! 趣味の延長線??そんなの関係ないですよね(笑)(管理・男性・31歳)

バイク好きだからこそ言える、バイク好きの方に向けてのコメントがたくさん届きました。こんな熱い先輩たちがいる会社です。説明会、面接でお会いできるのを楽しみにしています。