船舶共通通信システム 国際VHF無線機

緊急時に強い。機能性が高い。水に強い。国際VHF DSC機能搭載HX851J Series

船舶共通通信システム(国際VHF無線機)

法改正により“総務省技術基準適合品”となった国際VHF無線機については、無線局免許申請手続きが簡素化されることになりました。
国際VHFで使われる全ての57チャンネルをカバーし、外国船との交信も可能な世界共通の周波数を使用していますので、迅速な危険回避行動をとるために、船舶間で安全航行のための直接交信が可能な無線機です。

現状 | 船舶の規模用途を問わない相互の通信ができません。改正後 | 船舶の規模用途を問わない相互の通信ができます。

DSC機能(デジタル選択呼出:Digital Selective Calling)

DSC機能を利用し、緊急時に遭難通報(DISTRESS)を発信することで、GPSにて得た自船の位置情報と遭難信号を周囲の船舶や海岸局に送信することができます。
※第2級海上特殊無線技士資格と船舶局の開局申請が必要です。

DSC機能