2輪車専用オイルと4輪車専用オイルの違い

ヤマハ純正オイル、ヤマルーブをご紹介。

YAMALUBE
純正という名の信頼
ヤマハ純正4ストロークオイル「ヤマルーブ」。
エンジンの進化と共に開発を続けてきたバイクオリティオイルは高い品質、性能でエンジン本来の力を最大限に引き出す。

定期的な交換が必要な訳

4輪車用エンジンオイル・ミッションオイルの潤滑範囲
4輪車用エンジンオイルは純粋にエンジンだけ対応

2輪車用エンジンオイルの潤滑範囲
2輪車用エンジンオイルはエンジンとトランスミッション、クラッチ類の潤滑を全てひとつで担当

えっ!?エンジンオイルに二輪車専用とか四輪車専用とか、あるの?って思いますよね。でも、あるんです。それは何故かというと、バイクとクルマのエンジンの中身が違うからなんですね。

バイク用のエンジンには、ミッションやクラッチという、エンジンが造り出したパワーを後輪に伝えるための“駆動系”と呼ばれるパーツが内蔵されています。一方クルマ用エンジンは、パワーを生み出すエンジンだけ。となると、二輪車専用オイルに求められるのは駆動系を意識したポテンシャル、と言うことになります。

ミッションはいくつもの歯車が常に噛み合い、クラッチは何枚ものプレートを押し付け合いながらエンジンパワーをミッションに伝えます。それはエンジンオイルにとって、とてもタフな労働環境になるという訳です。

エンジンだってバイク用はチョット違います。クルマに比べ高回転型が多いバイクのエンジンは、その分エンジン内のパーツが高速で動きます。したがって摩擦熱が高くなり、擦れ合ったときのダメージも大きいんですね。

二輪車専用オイルは、そういったバイク用エンジンの特性を考え抜いて開発されたオイルのこと。それを知ったら、選ぶのは二輪車専用エンジンオイル!ですよね。

二輪車のエンジン特徴

  • 単位排気量あたりの馬力が高い
  • 常用回転数が高い
  • 高温状態での使用が多い
  • ミッションを一緒に潤滑している(一部のモデルを除く)
  • 滑ってはいけないクラッチを潤滑している