その他オプション

死角を補うカメラや、プロッタ上で船首方向を認識できる各種オプション

マリンカメラシリーズ

船の周囲や船内の様子をリアルタイムで確認
ECHOMAPシリーズなどGPSMAP以外のシリーズとは共有できません。

モーターアノード

デッキや後方から接近する船の確認

パワープロペラ

目視できない船側面の確認

ウィードレスプロペラ

エンジンルームや船底のビルジの確認

暗闇で撮影した例

ヘディングセンサー

船首方向の表示に必須オプション
ヘディングセンサーの接続にはNMEA2000スターターキットを使用して接続する必要があります。ヘディングセンサーを複数のチャートプロッターで接続する場合は、バックボーンケーブルで延長してドロップケーブルとTコネクタで接続する必要があります

モーターアノード

プロッタ画面で船首方向を表示する

GPSだけでは停泊時に船首方向が判りません。
ヘディングセンサーを接続すると常に船首方向が判ります。

パワープロペラ

レーダーとプロッタ―地図を重ね合わせ表示する(オーバーレイ)

レーダー画面と地図画面を重ね合わせる場合は、船首方位が必要となります。

ウィードレスプロペラ

レーダーでMARPAターゲットをトラッキングする

レーダーで他船の位置を追跡し、衝突アラームを動作させる場合に安定して船首方位を取得する必要があります。
荒れた海でも安定して方位を取得できるMSC-10、9axis Heading Sensorを推奨します。

サテライトコンパス

高精GPSと荒天時でも安定した船首方位を実現

TOPに戻る