2021ヤマハレーシングカレンダー

ヤマハのレース史を振り返りつつ、時代を超えた感動をお届け。

YAMAHA RACING CALENDAR

YAMAHA MARINE CALENDAR

\ご予約受付中/

ヤマハカレンダーをご予約のお客様の中から“抽選で豪華景品プレゼント”

詳細を見る

LINEUP

The Art of Racing 2021ヤマハレーシングカレンダー

1955年7月10日。ヤマハにとって最初の二輪レースは、創立のわずか10日後のことでした。この日から65年以上もの間、挑戦を続け、世界中に活躍の場を広げていったのです。2021年のレーシングカレンダーでは、その最前線で力強くエキゾーストノートを轟かせ、勇敢に挑戦するその姿で歓声と感動を創ってきたライダーたちの姿を通じ、ヤマハのレース史を振り返りつつ、時代を超えた感動をお届けします。

表紙:Road Racing World Championship Grand Prix

1978年に世界GPへ進出し、ヤマハでGP500を3連覇。その圧倒的な強さから“キング”と称えられたK・ロバーツ

1月:Road Racing World Championship Grand Prix

世界チャンピオン通算15回の伝説。1975年にはヤマハ初のGP500チャンピオンを獲得したG・アゴスチーニ

4月:Road Racing World Championship Grand Prix

1983年からヤマハに加入、在籍期間中にGP500で通算26勝、チャンピオン3回を獲得したE・ローソン

5月:Road Racing World Championship Grand Prix

1984年からヤマハでGP250に参戦。'88年にGP500に移り'90年から3連覇を果たしたW・レイニー

6月:Road Racing World Championship Grand Prix

1994年にGP500に挑戦。ヤマハで優勝3回、表彰台17回を獲得した日本を代表するGPライダー阿部典史

8月:MotoGP World Championship

ヤマハ初のMotoGPチャンピオンとなった2004年を含め、これまでに4回のタイトルを獲得しているV・ロッシ

12月:MotoGP World Championship

2021年以降のファクトリー・ライダーとしてヤマハレース史を担い、創るM・ビニャーレスとF・クアルタラロ

<掲載写真は変更になる場合があります>

  • サイズ:A2判壁掛けタイプ・ヨコ仕様(縦420mm×横594mm)
  • 枚数:表紙1枚・本紙12枚
  • 印刷:表紙/本紙ともにカラー

2021ヤマハレーシングカレンダー

メーカー希望小売価格 ¥2,100(本体価格 ¥1,909)

予約する

\ 4本まとめておトク!送料無料 /
2021ヤマハレーシングカレンダー【4本セット】

メーカー希望小売価格 ¥7,000(本体価格 ¥6,364)

予約する

お電話・FAXでのご注文の方はこちら